ほめる、認める、何でも持ち上げればいいってわけじゃない
相手が大切にしている、目指している点に着目してみよう

こうした、相手のことを理解しようとするあなたの言動こそが
何よりのメッセージとなり、相手の心に届くことでしょう。