仕事そのものは、あなたひとりの判断で取捨選択できない
仕事のやり方は、あなた次第で創意工夫の余地があるはず

自分ひとりで思い浮かばないなら、仲間の発案を支援しよう
すぐに好結果につながらなくとも、何でも繰り返してみよう