常に冷静に、いつも落ち着いて、相手の立場に立って
こうすれば大丈夫、こういう態度でなければならない

そうした唯一の正解がないから、どんな時も態度を選ぶんだ。
そのためには、自分自身や相手のこと、十分に理解が必要だ。